menu

アクシス税理士法人

納税証明は4種類

銀行に借入を申し込むと必ず納税証明の提出を求められますね。
納税証明といっても種類は4種類もあります。
 確定申告書を提出した場合の納付税額、所得税額、未納の税額がないことなどを
 証明する書類で次の証明がありますので、必要な納税証明の種類を確認して
 税務署からに取り寄せましょう。
 1.納付税額等の証明
 2.所得金額の証明 個人は申告所得税に係る所得金額、法人税は法人税に係る所得金額)
 3.未納の税額がないことの証明
    (税目を指定した「その3の2」[申告所得税と消費税および地方消費税]や
  「その3の3」[法人税と消費税および地方消費税]の証明もあります)
 4.滞納処分を受けたことがないことの証明
納税証明の交付手続には次の3つの方法があります。
 1.所轄税務署に本人(法人の場合には代表者)が納税証明書交付請求書を持参する。
 2.代理人が持参する。
    この場合本人の委任状、代理人本人と確認できるものおよび印鑑が必要です。
 3.郵送で請求する場合は、納税証明書交付請求書、手数料(収入印紙)、
   返信用封筒を同封して所轄税務署に送付してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

bnr_会社
bnr_会社