menu

アクシス税理士法人

会社設立は株式会社と合同会社、どちらがいいの?

会社設立費用を考えた場合、株式会社よりも合同会社が圧倒的に費用を削減できます。合同会社の場合、設立登記に必要な登録免許税(資本金×0.7%)の下限額が6万円です。

そのため、資本金が857万15円を超えない限り登録免許税は一律6万円になります。また、株式会社の設立の際には定款の認証費用の5万円が必要ですが、合同会社は定款の認証がそもそも必要ないため、その分が丸々浮きます。 さらに株式会社と同じく定款をPDFの電子定款にすれば、定款印紙代の4万円も不要になります。 

表1

株式会社の場合、株を多く持っている人の方が、より多くの利益分配を得ることができます。一方、合同会社の場合、出資の比率に関わらず、社員の間で自由に決めることができます。(※比率は定款で定めることができます。)

また株主総会などの設置義務がないため、経営の意思決定も社員同士で決めることができます。そのため、会社の社員以外の利害関係者に左右されずにスムーズな意思決定を行うことができます。 しかし、会社の利益の配分や、経営の意思決定で社員同士もめてしまうと本末転倒です。そのため、株式会社委譲に信頼できるパートナー選びが重要になるでしょう。  

結論:どういう場合に合同会社を選ぶべきか?

合同会社は非常にメリットの大きい会社形態ですが、一つだけ欠点があります。それは、まだ日本国内での知名度が低いということです。そのため、株式会社の方が合同会社より企業として上と考えている方もすくなくありません。

さらに中小企業の経営者には、この傾向が顕著な風潮があります。 そのため、あなたの会社が中小企業をターゲットとしたビジネスをしているなら株式会社を選ぶ方が無難でしょう。しかし、一般消費者は、企業に比べて株式会社か合同会社かで、企業を判断したりする傾向は遥かに少ないので、BtoCビジネスであれば、合同会社にするメリットは十分にあるでしょう。

最後に余談ですが、合同会社では役職名は、代表取締役ではなく代表社員となります。もし、代表取締役と名乗りたい場合は株式会社を選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

bnr_会社
bnr_会社